パーツの劣化

水道

蛇口の水漏れを修理するときに注意すべき点は、どの部分から水漏れしているのかということです。蛇口全体を交換しなければならないほどの故障は意外に少ないのです。パーツ交換だけで済むケースがほとんどなので、ピンポイントで修理できるように、故障している場所の特定が重要となるのです。 特に接合部に用いられるパッキンやナットの劣化が水漏れの原因となります。使っているうちに劣化が生じ、パッキンがひび割れたりナットが緩んだりするのです。故障個所を調べるときには、まずは接合部が異常をきたしていないか確認するのがよいでしょう。 また、蛇口の分解に入る前に止水栓を必ず閉めておくようにしましょう。つい忘れがちになってしまうことなので、注意が必要です。

蛇口用のパッキンやナットはホームセンターなどで市販されています。そのため、劣化したパーツの交換であれば自分で修理してしまうことも可能なのです。 蛇口の種類によって、使われているパッキンやナットの形状が異なります。なので、事前に大きさや形をよく確認しておくようにしましょう。蛇口から取り外したものを店に持参して、売られている商品と見比べながら選ぶのもよいかもしれません。そして、交換する際には緩みや隙間が生じないようにしっかりと固定することが大切です。 このように、蛇口の水漏れは自力で修理できるケースも多くみられます。水漏れが発生した場合には、まずは故障部分の特定から入るとスムーズな解決が図れるでしょう。